top of page

Restorations

5_project.jpg

#01
RENAULT R5 TURBO 2  PROJECT

55T.jpg
57T.jpg

レストア対象車のルノー5ターボIIは、ベルトーネのマルク・デシャンとマルチェロ・ガンディーニによって設計され、1980年1月のブリュッセルモーターショーでデビュー。

エンジンは1,397cc水冷直列4気筒OHVのC6J型という小排気量のものだったが、燃料系をボッシュ製Kジェトロ、ターボチャージャーをギャレット製タービンに変更し、空冷式インタークーラーで武装した事により最高出力162PS、最大トルク22.5kgfm迄引き上げられた。標準モデルの5と比較してパワー+1.5、トルク+3.3という大幅なパワーアップを遂げた。
当然シャシーやボディにも大幅な強化が施された。特にワイドタイヤを装着するために拡げられた前後のフェンダーは、このクルマに圧倒的な迫力を与えることとなった。さらに、リアゲート上部には大きなエアスポイラーがつき、フロントにも大型のエアダムが与えられた。
こうした大改造の結果、970kgのボディが生み出すパフォーマンスは、最高速度200km/h、0-400m加速15秒、0-1000加速28秒という驚異的なものとなった。R5 Turboは同年のコルシカでWRCデビューし、翌年のモンテカルロで初優勝を遂げた。以後、数々のイベントで猛威をふるい、ルノーの名をWRCに焼き付けたのである。

​そしてこのマシンを0から仕上げるべく、スケルトンの状態から、はたしてどの様な仕上がりとなるのか。